帰化申請業務について

外国人のビザ申請の業務をしていると、帰化のことをよく聞かれます。帰化申請は入管にするものと勘違いしている外国人も多くいますが、申請場所は住所地を管轄する法務局になります。
千葉では千葉地方法務局、松戸支局、市川支局、柏支局が申請場所になります。
法務局の職員も比較的親切で書類のこともよく教えてくれますが、書類の多さは永住申請とかにくらべてはるかに多いです。(^-^;
さて、帰化申請のポイントですが、やはりその外国人の在留資格関係を把握して国籍法何条に該当するのかよく確認する必要があると思います。
申請書類の書き方も単純なようで意外と難しく、日本の戸籍法の知識がないと外国人の意図と違う申請書を作成してしまうこともあります。また集める書類も多いのでやはり専門家に相談するのが良いかと思います。
在日韓国人・朝鮮人の特別永住者の方々の帰化申請も多く手がけましたが、やはり韓国戸籍の収集と翻訳はそれ相当の労力と手間がかかります。そのような意味でも翻訳スキルのある帰化専門の行政書士に頼むほうが結果的には自分で申請するようりも良いと思います。
帰化申請・ビザ申請等でお悩みの方は是非、当事務所にご相談して頂ければと思います。

投稿者: kimkikan

金城行政書士事務所 特定行政書士 金城吉輝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です