相続業務について

皆さんこんにちは(^^)/
今日は相続の仕事についてお話したいと思います。
相続業務では、相続人の方々の話をよく聞くのが一番ですが、私が特に集中して顧客からヒアリングするのは相続人関係を把握する家族関係の情報です。当然、この家族関係の情報は図式化して理解しないといけません。
次に相続財産の把握ですが、いろんなケースがあり亡くなった方の財産を見落とさないように注意が必要だと思います。一戸建ての不動産で私道等を見落とすと大変なことになります。
そして後は顧客と話を進めながら、業務を遂行していくことになります。
さて、仕事柄外国人から相続のご相談を受ける時もあります。とくに在日韓国人・朝鮮人の方の相続問題で相談を受ける場合が多いです。
この場合、被相続人(亡くなった方)が韓国籍の場合、相続に関する法律の適用は韓国法になります。なのでやはり韓国の民法もきちんと勉強しておく必要がありますね。
また、同時に韓国の戸籍法((家族関係の登録に関する法律)の勉強も大変重要になってきます。
帰化された元韓国籍の日本人の場合も当然、韓国の戸籍が必要になってきます。また、帰化をしたときに韓国の戸籍に国籍喪失届がなされてないと、手続きがスムーズにいかない場合もあります。
被相続人が日本人、韓国人のどちらの業務にしろ、戸籍法の勉強は重要だと思います。私が行政書士試験を受けた12年前は戸籍法も試験の出題範囲になっておりましたが、今も出題範囲になっているのかちょっとわかりません。
銀行預金等の手続きも相続人達からきちんと委任を受ければ、行政書士がすることも可能です。私は以前金融機関に勤めていて、預金係長をしておりましたので銀行業務のことは理解しております。
相続問題でお困りの方は是非、当事務所にご相談ください。
今日はこれで失礼します。

投稿者: kimkikan

金城行政書士事務所 特定行政書士 金城吉輝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です